シェーカー村を訪ねて・・・

9月並に暖かかった昨日、チョーティ&ベリーのお散歩を早めに済ませて向かったのは、かつてシェーカー教徒が住んでいた村の一つ、Pleasant Hill。

ここではシェーカー教徒の暮らしぶりはもちろん、彼らの素晴らしい工芸品の数々を見学することができます。

d0222585_6305669.jpg

シェーカー教、、、聞き慣れない宗教ですが、キリスト教の一つで、正式にはUnited Society of Believers in Christ's Second Appearingと長~い名前です。シェーカーと呼ばれる所以は、礼拝中に体を震わせたり、揺らしたり、所謂「シェイク」することから。

d0222585_8121747.jpg

シェーカー教徒は1774年イギリスからアメリカへ渡ってきました。規律の厳しい集団生活で、男女席を共にすることなかれ!結婚も許されません。子供は養子として外から迎え入れます。部外者はいつでもウェルカム。子供たちも成人するとシェーカー教徒になるかならないかの選択ができます。来る者拒まず、去る者追わず。結構、寛大だなぁ。。。

d0222585_8272523.jpg

生計は彼らの優れた工芸品を売ることで賄っていました。特にシェーカー家具の無駄な装飾を一切省いたシンプルな美しさは日本の美と同じものを感じます。

d0222585_8181593.jpg

しかし、彼らの優れた工芸品も近代化の波には勝てず、値段の安い大量生産の製品に市場を奪われていきました。そして宗教団体による養子縁組は法律で禁じられたり・・・・。

かつては全米で6千人ほどいたシェーカー教徒も今では何とたった3人だけ。。。

一つの宗教の栄枯盛衰。1805年から始まったPleasant Hillの歴史は1910に終わりを告げました。

d0222585_8464150.jpg

彼らがどんな風に生活していたのかは彼らが残した日記や手紙から探るしかないそうです。

このPleasant Hillの周辺は素晴らしいケンタッキーの田舎の景色が広がっています。

この景色が永遠に変わることがなく、彼らの足跡も決して消えることがありませんように。


↓↓↓ランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです♪ by チョーティ&ベリー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2011-10-27 09:24 | アメリカあれこれ

保護犬からうちの仔になったジェイク、永遠の家族を探しながら我が家で暮らす保護犬たち、お空のうちの仔 チョーティ&ベリーの思い出話を綴っています。チワワのメイシーも時々登場。


by Choti & Berry
プロフィールを見る
画像一覧