カテゴリ:ベリー( 13 )

別れは突然に・・・

みなさん、ベリーのことを思い、そして祈っていただき、さらには私のことまで気遣っていただき、本当にありがとうございます。

フィリーママさんももmamaさん、ブログにまでベリーのことを書いていただきありがとうございました。またそれにコメントしていただいた方々、みなさんの温かさに、感謝の気持ちでいっぱいです。

フロリダの家ではネット環境が整っておらず、お礼やお返事が遅れてしまった無礼をお許しください。




天国行きの最終電車に慌てて飛び乗るかのように、逝ってしまったベリー。

あんなに元気だったのに、どうして???とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

ベリーの最終章を書き記します。(ちょっと長いですが、お許しください・・・)



12月19日、チョーティの月命日でした。この日の朝もいつも通り、ベリーはメイシーと一緒にドッグパークへ。
大好きなウィットマンくんとお散歩しました。

走ったり、ジャンプしたりは出血によくないからと、水溜りで弾けようとするベリーを制止しました。。。 あのとき、思いっきり遊ばせてあげればよかったな。。。


フロリダのホリスティックドクターに診てもらうため、午後はケンタッキーの動物病院に診療録とレントゲンのデータを取りに行ったりしました。。。 

こんなことになるなら出かけず、ずっと傍にいてあげればよかった・・・。



主人が2時半頃帰宅すると、カミカミを持って、シッポとお尻振りながら元気にお出迎え。

6時すぎ、晩ご飯も元気にガツガツ食べてくれました。

7時半ごろ、フロリダへ向けてそろそろ出発しようか!というときに、ベリーの様子が変でした。

オシッ〇しに外には出てくれました。

でも、いつもなら喜んでペロペロするケフィアにサプリを混ぜたものを差し出すと、拒否しました。

先週末、初めて異変が起きたときは、外に出るのは拒否しましたが、食欲はありました。

すぐに病院へ連れて行きました。3時間ほど病院にいたかな。。。

血液検査では前回と同じく赤血球の数値が低いものの、他は正常。。。

ドクターも、「彼女はファイターね!今どうのこうのという状態ではないから」ということで、ベリーを連れて家へ帰りました。



家に帰って、もしかしたらお腹が張って痛いのかもしれないからと、ドクターからいただいた痛み止めを大好きなバナナと一緒にあげようとしたけど、拒否・・・。

その後も安眠できずにいたベリー。横になるものの、すぐ上半身を起こし、また横になり、またすぐ上半身を起こしての繰り返し。

1週間前、病院から帰ってきた夜も、時々起きたりしてましたが、また元気になったので、今回も元気になって!と祈りながら見守ることしかできませんでした。

その後、水を何回もガブガブ飲み始め。。。

横になったり、水を飲んだりを繰り返すうちに、ついにフラっと倒れました。でも意識はありました。

出血がヒドイ状態だったと思います。でも輸血は応急処置にしからならず、ほんのちょっぴり時間稼ぎができるだけ。輸血は何の解決策にもならないと、前回すでにドクターから言われてました。

さらに、今回病院では怖くて震えていたので、もう嫌いな病院へ連れて行くのが可哀想でした。

しかも病院に行く途中、車の中で何かあったらと思うと・・・・。



あぁ、、、もうお別れなんだ。。。

つい数時間前まで、あんなに元気だったのに・・・。



その後もしばらく頑張ったベリー。起き上がるのとフラつくので、支えてあげながら横にさせること数回。

その後は立ち上がる力もなく、ずっと横になっていました。

動き回ったおかげで、ベッドからはみ出て寝ていたので、主人と共にベリーをベッドの上に乗せてあげました。

ベッドでは辺りを確認するかのように、頭だけを持ち上げる仕草が2回ほどありました。

それからはずっと寝てました。

そして旅立つちょっと前から息遣いがだんだん変わっていき、、、



12月20日 午前5時12分、私の腕の中で息を引き取りました。。。

泣きじゃくる私。。。

ベリーの目からも涙が・・・

しばらくするとお空も泣き始め・・・



メイシーはベリーが逝ってしまったあとも、ずっとベリーの傍らで横になってました。

d0222585_184283.jpg


お別れのキス・・・、お別れのハグ・・・・いくらしても、し足りない・・・。

ううん、お別れなんてしたくない。。。



それでも火葬をお願いするために、また病院へ行きました。ドクターが「本当にごめんね・・・」と言いながら、ショックを隠し切れないご様子で奥から急いで出ていらっしゃいました。

でも、ベリーはあのとき病院で、必死に頑張って家に帰ろうとしてたんだって思うんです。

頑張って頑張って、大丈夫だっていうフリをしてたんだって。。。

だからドクターには「あのときベリーを家に帰してくれてありがとう」と伝えました。

「きっとフロリダには行けないとわかってたんだね。ベリー、すごいよね。。。」とドクターが仰いました。。。



病院のスタッフが車からベリーを運び出そうとするとき、メイシーが唸りました。

メイシー、何が起こってるのか、ちゃんと分かってたのかな。。。



チョーティが亡くなったときは、数か月の闘病の末だったので、正直、闘いに燃え尽きた感がありました。
悲しみと同時に、「これからは苦しくないね」という思いがありました。

でも、ベリーの病魔は突然正体を現し、あれよあれよという間にベリーを連れ去ってしまった・・・。

元気なベリーを私から奪って行った・・・。




あの愛くるしい瞳でもう見つめてくれることはないの?

ペロペロって思いっきり顔を舐めてはくれないの?

ワンワンと思いを伝えてくれることはもうないの?

d0222585_1174195.jpg

もういないなんて信じられない。。。



ベリーちゃん、今は泣かせてね。。。 でも絶対に元気になるから、心配しないで。

一緒に過ごせた素晴らしい日々を本当にありがとう。



これが生前最後に撮った写真となってしまいました。。。12月18日のものです。

d0222585_192059.jpg



ベリーちゃん、虹の橋のたもとで、チョーちゃんに会えましたか?

お空でチョーティ&ベリー、コンビ復活だね♪

d0222585_193941.jpg



私の永遠のパピー。 

d0222585_195525.jpg

ベリー、大好き。。。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-12-24 01:19 | ベリー | Trackback | Comments(14)

虹の橋へ

アメリカ時間 、12月20日 午前5:12分

ベリー 虹の橋へ旅立ちました。

たくさんの応援ありがとうございました。。。

今は、ただただ悲しくて、悲しくて、胸が張り裂けそうです。

落ち着きましたら、ベリーの最期をきちんと書き記したいと思います。

コメントへのお返事が遅くなっていますが、もう少しお待ちいただけたら嬉しいです。

皆さんに見守っていただき、ベリーは幸せものとでした。

本当にありがとうございました。

d0222585_14502887.jpg

[PR]
by chotiberry | 2013-12-21 14:46 | ベリー | Trackback | Comments(32)

病犬に容赦なし・・・

最近すっかり存在感が薄いメイシーですが、

「そう言えば、メイシー、お腹切ったよねぇ。。。?」って、憶えていらっしゃいます???

お腹の腫れも引き、抜糸は26日ですが、そろそろ自由にお散歩させても大丈夫かなと思い、久々にサンニンでドッグパークへ行きました。

d0222585_2112280.jpg

メイシーに追いかけられて走らないように、ベリーはリードをしてのお散歩です。

そのせいか(?)、、、シッポが垂れてる・・・




ベリー、大丈夫かな。。。出血がヒドクならないかな。。。突然倒れたりしないかな。。。なんて心配している私をよそに、、、

d0222585_212597.jpg


メイシー、、、病犬に容赦ありません
d0222585_2123821.jpg



今日も体当たりジャンプをお見舞い・・・
d0222585_2133833.jpg


多分、ワンコ同士の方が分かり合えてるとは思うんですけどね。。。互いの状態ってのを。。。


今の時点ではベリーは元気ってことなのかな。。。


だって、昨日も掃除機にケンカ売りに来ましたから。。。
d0222585_2141444.jpg



ベリーを応援してくださいね♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-12-19 21:12 | ベリー | Trackback | Comments(1)

突然ですが、、、お引越しです・・・

引っ越しは主人の仕事の都合で、以前から決まっていました。

完全に引っ越すのは春の予定ですが、100%フロリダ生活になります。

冬休みフロリダへ行く際に、持って行けるものは荷造りして持って行こうと・・・。

ほとんどのモノはすでにフロリダの家にあるので、荷造りは楽なハズ(?)。
d0222585_2055210.jpg


気がかりなのは、もちろん、いつ爆発するか分からない爆弾を抱えてしまったベリーです。

一応ドクターにお聞きしたら、ドライブは出血には問題ないと言われました。

ただ、元気でも、いつバタンと倒れるか誰にも予測できない・・・。それが血管肉腫の怖いところ。。。



さて、昨日のベリー、、、やたらと元気でした。嬉しい♪ でもそれが逆に怖かったりも・・・複雑です。

トム・ソーヤ公園へ行ってきました。少しお散歩しましたが、、、鹿がたくさんいるんですよね。。。

d0222585_2074222.jpg

↑ ベリーのうしろを鹿が通り過ぎしたあと・・・。ベリー、気づきませんでした。

でも鹿を見つけると、コーフンちゃって・・・。リードしてるから走れないけど、ジャンプするんでね。。。

出血によくないかな。。。




平穏無事に過ごせた昨日の様子 ↓

腕枕・・・
d0222585_2094476.jpg



足枕(私の)・・・
d0222585_20101399.jpg



無理矢理スリーショット・・・てか、生首三つ・・・
d0222585_20105536.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-12-18 20:17 | ベリー | Trackback | Comments(12)

頑張ってくれてたんだね。。。

昨日、ベリーのドクターと電話でお話しました。

今後起こりうる状況は?と尋ねると、

「予兆なしに、突然倒れる可能性がある」と仰いました。

チョーティの癌とは種類が違うもので、チョーティの方が進行がゆっくりなものだったそうです。

そうですよね、ベリーは2か月前のレントゲンでは肺に転移は認められなかったくらいですから。



ベリーの脾臓に腫瘤を確認したのは5月です。

当時の私はチョーティのことで頭が一杯でした。

7月に再検査を行いましたが、腫瘤の大きさに変化がないことから恐らく良性だろうと言われました。

そのすぐあと、チョーティが旅立ち、悲しくて悲しくて、でも私にはベリーがいたから、休まず前へ突き進めました。

10月の再検査でも腫瘤に変化なし。胸部レントゲンに異常なし。

日本へ帰り、ベリーを連れてミルウォーキーへプチ旅行もし、心身ともに落ち着いてきた矢先に、それまで静かに眠っていた腫瘤が正体を現しました。。。



アグレッシブな悪性腫瘍ということなので、もしかしたら5月の時点で暴れ始めてることだってあり得たかもしれない。

そうだとしたら、チョーティとベリー、フタリが命の危険に晒されていることに、きっと私が耐えられなかったことでしょう。

ベリーが元気でいてくれたからこそ、私は頑張れた。



私がチョーティとたくさん時間を過ごせるように、、、

祖母に会いに、私が安心して日本に帰れるように、、、

チョーティが心配で一度キャンセルしたミルウォーキーへ、今度は安心して行けるように、、、


ベリーは踏ん張って踏ん張って、頑張ってくれてたんだと思うんです。


これって、親バカですかね。。。 苦笑




昨日はドッグパークへ行きました。

寒さには強いけど、体温が下がって免疫力が落ちないようにジャケット買って着せてみました。
d0222585_2281576.jpg




でも、これまで裸一筋だったので、どうもノリがよくない様子・・・。結局、脱ぎました・・・。プラス気温だったし。
d0222585_2284620.jpg




いつもの半分くらいしか歩きませんでしたが、無理させたかな。。。
d0222585_229851.jpg




昨日も穏やかな一日を過ごすことができました。
d0222585_2293530.jpg




ありがとう、ベリー。
d0222585_2295812.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-12-17 22:12 | ベリー | Trackback | Comments(2)

その後のベリー

皆さん、温かいコメント、本当にありがとうございます。

何回も読み返しては、自分を励ましております。

チョーティのときもそうでしたが、だれかが見守ってくれているということは心の支えです。

ベリーのために強く頑張っていくつもりです。

そして今回たくさんの方にブログを読んでいただいたようです。ありがとうございます。

ベリーのこと、遠くから見守っていただけると嬉しいです。



さて、病院から戻ってからのベリーですが、お陰様で落ち着いて過ごせています。

土曜日の夜中は珍しくイビキかいてました。

夜中、上半身起こして、咳なのか、吐きたいのか、「カーーっ」とやってましたが、何も出てこなかったようです。

その後、これまた珍しく、夜中に急に尿意を催し、庭でオシッ〇しました。足取りもしっかりしてました。その後
は落ち着いて寝たようです。

点滴のせいなのか、出血のせいなのか、病院から帰ってからはオシッ〇の量が多かったです。

でも、今朝は少なかったようで、出血で膨らんでたお腹も元に戻りつつある気がします。

歯茎と舌の色はま通常より薄いかな。。。というカンジがしたので、お散歩は控え目にしました。

食欲はあります。昨日の時点ではウン〇も??でした。

今日のウン〇はどうかな。。。 昨日からサプリメント増やしたので。。。

ダメモトで、癌にいいと言われるものを色々試してみるつもりです。

効果のほどは分かりませんが、12歳だったチョーティが癌と宣告されてから、アグレッシブな治療は一切せず(治療しても効果がないと言われました)、半年以上も毎日1時間お散歩できてたことを顧みると、サプリも少しは効果があったのかなと思います。最後の最後まで嘔吐はありませんでした。下痢も旅立つ数日前に始まったくらいです。


ベリーは10歳7ヶ月です。チョーティよりも癌の進行は早いでしょう。

残された時間が少なくても、それが苦痛のない日々であるように、お世話していくつもりです。


昨日の写真です ↓

用足しにトム・ソーヤ公園へ行きました。
d0222585_21295142.jpg



ベリーの巣に無理矢理入ろうとするメイシー
d0222585_21382595.jpg



暖かくして免疫力アップのため、服着せてみました。。。
d0222585_21331017.jpg



よく見ると、おケツが半分ベッドから落ちてたり・・・
d0222585_21341764.jpg


昨日も穏やかに過ごせたことに感謝です。

今日も穏やかに過ごせますように。。。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-12-16 21:41 | ベリー | Trackback | Comments(10)

血管肉腫だそうです・・・

ベリー、見た目は元気になって家へ帰ってきました。
d0222585_101118.jpg


出血はまだ止まっていません。


止血に漢方薬をもらいました。
d0222585_1021091.jpg



病院に行ったときは血圧が低く、心拍数は170を超えていたそうです。

病院でのベリー
d0222585_103171.jpg


今は血圧は正常に戻りました。心拍数は少し下がりましたが、120とまだ正常値を越えています。


出血を助長する可能性があるので、今後は走ったりはできません。

脾臓の腫瘍は良性ではありませんでした。そこから肺に転移したようです。進行の速い悪性癌です。

生存期間の中央値は3週間から2カ月だそうです。。。もちろん、それより短い場合もあれば、長い場合もあります。

ドクターから「クリスマスはご馳走をあげてね♪」と言われました。



10歳7か月だけど、未だにパピーと間違えられるベリー・・・。

昨日まで元気一杯走り回ってたベリー・・・。

しかもチョーティが旅立ってまだ半年も経っていません・・・。

ベリーのために強くならなきゃ!と自分に言い聞かせてますが、正直もう心が折れそう・・・。



漢方薬で止血する以外は、もう何もできないと言われました・・・。

またホリスティックドクターの門を叩くしかありません・・・。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-12-15 10:08 | ベリー | Trackback | Comments(22)

悪夢再び・・・

涙が出て、手も震えて、書いてます・・・

チョーティを苦しめた「肺癌」が、ベリーにも襲い掛かりました・・・

何で???

うち、誰もタバコ吸わないのに!




昨日の夕方の散歩でも元気に走り回ってたベリー・・・

家に帰ってからも、しばらく普通でした。

その後、ちょっと元気がなくなり、でもご飯はちゃんと食べました。

夜のお散歩には行きたがりませんでした。

パンティングはしてないし、足でも痛めたのかな。。。と思い、一晩様子を見ることにしました。

今朝も相変わらず元気がなく、お散歩にも行きたがらないので、

急いで病院へ連れていきました。




診察の結果は、内出血をしているらしいとのことでした。

今まで定期的にエコー検査を行ってきたおかげで、脾臓に腫瘤があるのが分かっています。

恐らく、それが破裂したのだろう・・・ということでした。

脾臓の腫瘤は良性でも悪性でも破裂する可能性を秘めているのだそうです。

他に癌が認められなければ、脾臓を摘出するという結論になりました。

で、胸部のレントゲンを撮ったところ、肺癌が見つかったのです。

ベリーは10月に胸部レントゲン撮ってます。その時には癌は認められませんでした。

他に癌をあると分かったので、脾臓摘出は行わず、ハーブの薬で止血することになりました。




フタリとも肺癌になるなんて、、、何か共通の原因がどこかにあるに違いない・・・

そして、私にはワンコと暮らす資格がないのかもしれない・・・




私の可愛いベリーが、チョーティにように苦しむ姿を見たくない・・・



ランキングに参加中。↓ポチっとよろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-12-15 01:11 | ベリー | Trackback | Comments(10)

関節炎

ベリー、来週10歳半になります。

まだまだこんなに元気

d0222585_1122596.jpg


本当に嬉しいです

d0222585_1131032.jpg


神様、ありがとう

d0222585_114947.jpg


お空のチョーちゃん、これからもベリーを見守ってね♪




でもね、こんなに元気だけど、一応シニアなので、ついにベリーにも関節炎が出てきてるようです。

正直ショックでした。

d0222585_1145684.jpg


それでも、右か左か、両方だったかな。。。記憶が定かじゃないけど、9月の時点で手首と足首に少しある程度で、ドクターからは「She manipulates very well」と言われました。「上手く手足を動かしてる」っていう意味かな。上手い日本語が思い浮かびませんが・・・。

d0222585_1154848.jpg


今のところ、ビッコ引いたりとかはありません。サプリも毎日あげてますが、これからも上手く関節炎とお付き合いできていけたらと願うばかりです。

d0222585_1161618.jpg

メイシーからガウガウ追っかけられるんで、関節炎なんて言ってられないのがホントのところっていう話もあります。。。 苦笑


ランキングに参加中。↓ポチっとよろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-11-06 01:29 | ベリー | Trackback | Comments(4)

尿の培養検査しました。。。

今年に入ってからかな、ベリーのおちんち〇の辺りからオシッ〇とは別に黄色っぽいクリーミーな謎の物体が出てきているのを発見しました。


それがチョーティが旅立ってからは頻繁に目にするようになり、ヒドイときにはヨダレのごときタラ~ンと垂れ下がっているときも。。。

d0222585_10243184.jpg


オシッ〇は普通にしてました。痛がってる様子もなく、頻尿でもありません。


ただ、変なモンがくっついてるので、おちんち〇をよくペロペロ舐めてたし、メイシーもベリーのおちんち〇をよくクンクンしてました。

d0222585_10235144.jpg


フロリダのホリスティックドクターからサプリメントを出してもらい一カ月ほど服用し、同時に水分もたくさん摂らせたおかげか、今ではそのクリーミーな謎の物体は出てきてないようです。おちんち〇を執拗に舐めたりもしてません。


それでも気になるので、先日のレントゲン検査と一緒にオシッ〇の検査もお願いしました。


てっきりオシッ〇を持って行くのかと思ったら、針で膀胱を刺して尿を採取するんだそうです。


培養検査なので数日かかるんでしょうね、やっと今朝病院から連絡が入り、「異常なし!」ということでした。

d0222585_10232096.jpg

ドクターたちが謎の物体を直接目にしていないので、実際のところハッキリとした原因も正体も不明ですが、多分細菌の仕業かと。。。

でもまぁ、とりあえず一件落着ってことでいいのかな。。。



ランキングに参加中。↓ポチっとよろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by chotiberry | 2013-10-29 10:39 | ベリー | Trackback | Comments(13)

保護犬からうちの仔になったジェイク、永遠の家族を探しながら我が家で暮らす保護犬たち、お空のうちの仔 チョーティ&ベリーの思い出話を綴っています。チワワのメイシーも時々登場。


by Choti & Berry
プロフィールを見る
画像一覧