別れは突然に・・・

みなさん、ベリーのことを思い、そして祈っていただき、さらには私のことまで気遣っていただき、本当にありがとうございます。

フィリーママさんももmamaさん、ブログにまでベリーのことを書いていただきありがとうございました。またそれにコメントしていただいた方々、みなさんの温かさに、感謝の気持ちでいっぱいです。

フロリダの家ではネット環境が整っておらず、お礼やお返事が遅れてしまった無礼をお許しください。




天国行きの最終電車に慌てて飛び乗るかのように、逝ってしまったベリー。

あんなに元気だったのに、どうして???とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

ベリーの最終章を書き記します。(ちょっと長いですが、お許しください・・・)



12月19日、チョーティの月命日でした。この日の朝もいつも通り、ベリーはメイシーと一緒にドッグパークへ。
大好きなウィットマンくんとお散歩しました。

走ったり、ジャンプしたりは出血によくないからと、水溜りで弾けようとするベリーを制止しました。。。 あのとき、思いっきり遊ばせてあげればよかったな。。。


フロリダのホリスティックドクターに診てもらうため、午後はケンタッキーの動物病院に診療録とレントゲンのデータを取りに行ったりしました。。。 

こんなことになるなら出かけず、ずっと傍にいてあげればよかった・・・。



主人が2時半頃帰宅すると、カミカミを持って、シッポとお尻振りながら元気にお出迎え。

6時すぎ、晩ご飯も元気にガツガツ食べてくれました。

7時半ごろ、フロリダへ向けてそろそろ出発しようか!というときに、ベリーの様子が変でした。

オシッ〇しに外には出てくれました。

でも、いつもなら喜んでペロペロするケフィアにサプリを混ぜたものを差し出すと、拒否しました。

先週末、初めて異変が起きたときは、外に出るのは拒否しましたが、食欲はありました。

すぐに病院へ連れて行きました。3時間ほど病院にいたかな。。。

血液検査では前回と同じく赤血球の数値が低いものの、他は正常。。。

ドクターも、「彼女はファイターね!今どうのこうのという状態ではないから」ということで、ベリーを連れて家へ帰りました。



家に帰って、もしかしたらお腹が張って痛いのかもしれないからと、ドクターからいただいた痛み止めを大好きなバナナと一緒にあげようとしたけど、拒否・・・。

その後も安眠できずにいたベリー。横になるものの、すぐ上半身を起こし、また横になり、またすぐ上半身を起こしての繰り返し。

1週間前、病院から帰ってきた夜も、時々起きたりしてましたが、また元気になったので、今回も元気になって!と祈りながら見守ることしかできませんでした。

その後、水を何回もガブガブ飲み始め。。。

横になったり、水を飲んだりを繰り返すうちに、ついにフラっと倒れました。でも意識はありました。

出血がヒドイ状態だったと思います。でも輸血は応急処置にしからならず、ほんのちょっぴり時間稼ぎができるだけ。輸血は何の解決策にもならないと、前回すでにドクターから言われてました。

さらに、今回病院では怖くて震えていたので、もう嫌いな病院へ連れて行くのが可哀想でした。

しかも病院に行く途中、車の中で何かあったらと思うと・・・・。



あぁ、、、もうお別れなんだ。。。

つい数時間前まで、あんなに元気だったのに・・・。



その後もしばらく頑張ったベリー。起き上がるのとフラつくので、支えてあげながら横にさせること数回。

その後は立ち上がる力もなく、ずっと横になっていました。

動き回ったおかげで、ベッドからはみ出て寝ていたので、主人と共にベリーをベッドの上に乗せてあげました。

ベッドでは辺りを確認するかのように、頭だけを持ち上げる仕草が2回ほどありました。

それからはずっと寝てました。

そして旅立つちょっと前から息遣いがだんだん変わっていき、、、



12月20日 午前5時12分、私の腕の中で息を引き取りました。。。

泣きじゃくる私。。。

ベリーの目からも涙が・・・

しばらくするとお空も泣き始め・・・



メイシーはベリーが逝ってしまったあとも、ずっとベリーの傍らで横になってました。

d0222585_184283.jpg


お別れのキス・・・、お別れのハグ・・・・いくらしても、し足りない・・・。

ううん、お別れなんてしたくない。。。



それでも火葬をお願いするために、また病院へ行きました。ドクターが「本当にごめんね・・・」と言いながら、ショックを隠し切れないご様子で奥から急いで出ていらっしゃいました。

でも、ベリーはあのとき病院で、必死に頑張って家に帰ろうとしてたんだって思うんです。

頑張って頑張って、大丈夫だっていうフリをしてたんだって。。。

だからドクターには「あのときベリーを家に帰してくれてありがとう」と伝えました。

「きっとフロリダには行けないとわかってたんだね。ベリー、すごいよね。。。」とドクターが仰いました。。。



病院のスタッフが車からベリーを運び出そうとするとき、メイシーが唸りました。

メイシー、何が起こってるのか、ちゃんと分かってたのかな。。。



チョーティが亡くなったときは、数か月の闘病の末だったので、正直、闘いに燃え尽きた感がありました。
悲しみと同時に、「これからは苦しくないね」という思いがありました。

でも、ベリーの病魔は突然正体を現し、あれよあれよという間にベリーを連れ去ってしまった・・・。

元気なベリーを私から奪って行った・・・。




あの愛くるしい瞳でもう見つめてくれることはないの?

ペロペロって思いっきり顔を舐めてはくれないの?

ワンワンと思いを伝えてくれることはもうないの?

d0222585_1174195.jpg

もういないなんて信じられない。。。



ベリーちゃん、今は泣かせてね。。。 でも絶対に元気になるから、心配しないで。

一緒に過ごせた素晴らしい日々を本当にありがとう。



これが生前最後に撮った写真となってしまいました。。。12月18日のものです。

d0222585_192059.jpg



ベリーちゃん、虹の橋のたもとで、チョーちゃんに会えましたか?

お空でチョーティ&ベリー、コンビ復活だね♪

d0222585_193941.jpg



私の永遠のパピー。 

d0222585_195525.jpg

ベリー、大好き。。。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://caniecibo.exblog.jp/tb/20140177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-12-24 02:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 1997filly605 at 2013-12-24 06:53
ママさん、ベリーちゃんの事をありがとうございました…
あまりにも突然の事で何が起きたのかしらと思ってました。
やはり出血…本当に癌ってヤツが憎いです
救いは苦しみが長くはなかったこと…

フロリダにはフタリともついていってますよ、絶対…
フタリを失った喪失感は何をもっても埋められないけど
メイシーちゃんの為に頑張って…
私も頑張って生きようって思ってます

暖かいフロリダのメイシーちゃんとママさんの写真…落ち着いたらね
私も雪のお山レポートしますね
お体に気をつけて
Commented by Kiki in NY at 2013-12-24 08:10 x
ご無沙汰しております。久しぶりにブログにお邪魔させて頂いたのですが、ベリーちゃんが虹の橋を渡ったということを知って、驚きました・・・ママさんの張り裂けそうな心境を思うと犬オーナーとして他人事ではなく、今は涙が止まらないことだと思います。

動物も人間も、命あるものはかならずいつかは天へ召されるものですが、時々そのことが当たり前のことだけどすごく憎々しく思えます。ずっと一緒にいれたらいいのに。

今頃ベリーちゃんとチョーティーちゃんは一緒に天国で走ってるかもしれないですね。フタリとも、ママさんの愛情に包まれてとても幸せな犬生を過ごしたと思います。
Commented by みにむママ at 2013-12-24 11:10 x
本当に永遠のパピー、、、可愛い笑顔はそのままですね。かわいい、かわいい、かわいい、、、
空のふたりが楽しそうで、地上の人間は泣きながら見上げるしかありませんね。2013....忘れられないです。
Commented by ikechan-sy448 at 2013-12-24 21:28
ベリーちゃん、お母さんの腕の中で旅立って行ったんですね…
何回読んでも涙涙です…
メイシーちゃんとの出会いとかも思い出しちゃいました…ベリーちゃんの反応がかわいいやら何やらで…。
何時の間にか三人仲良しになって…

そう、きっと名コンビ復活で
Chotiberryさん一家の上の空にいますよ。
Commented by 09020503 at 2013-12-24 22:40
自分のブログの更新ができないほどじつはベリーちゃんの突然の死は私にもこたえました。

ママさんの気持ちを思うとブログ更新してもいいのかなって思ったり・・・・。

ブログを通して知り合い、お会いしたことはないのだけど、チョティーちゃんとベリーちゃんがお友達のワンコと思えて仕方がありませんでした。
だから、チョーティ―ちゃんとママさんの二人三脚での病と闘う姿にエールを送りたくて仕方がありませんでした。
でも、一番、ママさんの側にいて、チョーティ―ちゃんの気持ちをわかっていたのはベリーちゃん。だから、ベリーちゃんには生きてほしかった。ママさんのためにも、チョーティ―ちゃんのためにも、そしてメイシーちゃんのためにも。突然、彼女を襲った病が悔しさでいっぱいです。

ベリーちゃん、チョーティちゃんと会えたかな?どうか、二人でママを見守ってね。

メイシーちゃん、ベリーちゃんが大好きだったんだね。

Commented by chotiberry at 2013-12-25 01:25
鍵コメMさま、もう少し長く元気な姿を見ていただきたかったです。。。

他のワンコにはちょっと恥ずかしがりやなベリーでしたが、人間は大好きで、誰にでもシッポとお尻を振って挨拶するんですよ。

「応援してくれて、ありがとうございます」と、風に乗って、Mさんのところまで行っているかもしれません。

空を見上げると、今は涙が出ますが、私は元気にしています。
Mさんの優しさにベリー共々感謝しています。
ありがとうございます♪
Commented by chotiberry at 2013-12-25 01:33
フィリーママさん、仰る通り、苦しむことがほとんどなかったのがせめてもの救いです。

メイシーは私のワンコではないので、この先どれくらい一緒にいるかはわかりませんが、一緒にいる間は頑張ってお世話して行きます。

ママさんもまだまだお辛い立場なのに、たくさん励ましていただき、ありがとうございます。

悲しみを乗り越えて、がんばりましょうね♪
Commented by chotiberry at 2013-12-25 01:37
Kikiさん、ベリーはチョーティの数倍も元気なワンコだったので、まさかこんなに早く旅立ってしまうとは夢にも思いませんでした。。。
今回はショックが大きいです。。。

ベリーの分までココちゃん、ルイちゃんにはたくさん楽しい時間を過ごしてほしいと思います。

寒いNY、がんばって冬を乗り越えてくださいね。
Commented by chotiberry at 2013-12-25 01:41
みにむママさん、本当に2013年という年は一体何なんでしょうね。。。
来年は悲しいできごと起こってほしくないですね。

ベリー、みにむちゃんに会えたかな。。。
Commented by chotiberry at 2013-12-25 01:48
ikechanさん、そうですよね、ベリーは最初メイシーに近づかれるのも苦手だったのに、いつの間にか一緒に寝るようになって。

なのに私が一緒に寝ようとしたら、しばらくすると新たな寝場所を求めて移動したりしてたんですよ。

空をよく見つめています。あの雲の上にいるのかなぁ。。。なんて思いながら。。。
Commented by chotiberry at 2013-12-25 02:00
Tender Jackさん、ブログどんどん更新してください!
ジャックファミリーにはベリーの分まで楽しんでほしいです。
特に、ベンくんとベリーは前世は双子だったかもしれないって勝手に思ってます。

癌と言えば、チョーティのようにだんだん悪くなるものかと思っていたら、こんな突然命を奪う癌もあるんですね。。。

チョーティのときも、ベリーのときもたくさん見守っていただき、ありがとうございました。

今度はチョーティ&ベリーがジャックファミリーを見守る番です。
これからもジャックファミリーがずっと元気で楽しい時間を過ごせますように。。。
Commented by turenaiikkei at 2013-12-27 06:15 x
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by Yoko at 2013-12-27 21:11 x
こんなに突然やって来るんですね… chotiberryママの心の中を思うと本当に私も辛い…
前日、お昼寝しているベリーを見て誰がお空に逝ってしまう事をそうぞうしたでしょう。
今は本当に悲しいよね…ないた方が良いと思う…それが本当に気持ちですもの。
ベリーは今はチョーティと一緒だわね。
私も空を見ると思います…あそこらへんにいるのかなぁって。
by chotiberry | 2013-12-24 01:19 | ベリー | Trackback | Comments(14)

保護犬からうちの仔になったジェイク、永遠の家族を探しながら我が家で暮らす保護犬たち、お空のうちの仔 チョーティ&ベリーの思い出話を綴っています。チワワのメイシーも時々登場。


by Choti & Berry
プロフィールを見る
画像一覧