診断が下されたからと言って・・・

突然病気が悪化するわけでもないんですが、

チョーテョの行動全てが気になってしまう・・・。

d0222585_1814597.jpg


バイアグラ・・・ですが、獣医さんに処方してもらって、近くの薬局(人間用)で受け取ることになっていたのですが、犬の「肺高血圧症」が稀なせいか、犬用に適したコンパウンドの在庫がどこの薬局にもなく・・・。

これならいいかな・・・というコンパウンドが、、、何と10日で100ドルというお値段だそうです・・・。値段を聞いてすでに頭がクラクラしていたので、その後の獣医さんのお話があまり頭に残っていないのですが、もう少し安いのがあるとかないとか、まだ市場に出回っているとかいないとか・・・。

すでに食事をローフードに切り替えて、食費が今までの4倍近くになっている我が家(もちろんベリーもチョーティと同じもの食べてます)・・・。お金じゃないし、お金のことは言いたくないけど、、、もしかしたら少しは寿命が延びるかもしれないけれど、理想的でないコンパウンドの副作用に脅かされ、生活の質を落とすかもしれないものに、それだけを払う価値があるのかどうか・・・。

ホリスティックの先生に相談すると、「バイアグラ、ちょっと待った!」の回答。そのときは電話で相談しただけで、検査結果の詳しい数値をご存じではありませんでした。そのあと検査結果を先生に届けたので、今日また先生の意見を訊いてみるつもりです。

もちろん現代医療と代替医療では意見も違うでしょうから、この地域ではベストな心臓病専門の獣医さんに、サードオピニンを聞くことにしました。常駐の先生ではないので、診察は10月に入ってからですが・・・。

d0222585_1848352.jpg


すでにお散歩を物凄く制限されているチョーティですので、ストレスで他の病気にならないか心配です。

細く長く生きるのと、太く短く生きるのと、チョーティにとってはどちらがいいのか・・・。


↓↓↓ ランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです♪  by チョーティ&ベリー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://caniecibo.exblog.jp/tb/16829321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Yoko at 2012-09-18 10:36 x
ホリスティックのドクターに相談された事、本当に良い決断をされたと思います。
私も、まだ、バイアグラを犬に使った事はないので、調べている最中です。
値段もすごいのね…ビックリ。

今ご飯をローフードに切り替えて…って仰ってたけれど、それだけでもすごく違うと思います。

心臓のスペシャリストの意見をマスは聞いてみる事ですね…それまではローフードで頑張るってことかしら。

チョーティーはローフード、好きですか?

我が家はドライフードで食べない事があってもローフードで食べないって事はないです(笑)

Commented by 09020503 at 2012-09-18 14:50
バイアグラですか・・・・・私も使用するのには不安を感じます。
人間でも色々ありますし・・・・・私もホリスティクドクターに相談なさった事はとてもよかったと思います。

Chotiberryさん、毎日の今まで気にならなかった事が検査結果で病気がわかりチョーちゃんの行動が一つ一つが気になりますよね。
私も同じ立場でしたら毎日考える事は同じだと思います。
気になって仕方がないです。
ただ、ひとつ、病気といかに共存して楽しく過ごすかという考え方もあるのかな~って生意気ながら思ったりします。

Chotiberryさんの気持ちもきっとチョーちゃんにもなんとなく伝わっているから、少しでもChotiberryさんの気持ちが楽になれる方面に行けるといいな~って願っています。
Commented by chotiberry at 2012-09-18 19:44
Yokoさん、この病気の薬はバイアグラしかないとキッパリ言われました。ネットで調べると、頭痛やモノが青く見えたり(人間の副作用ですが・・・)あるみたいです。服用すると、生活の質が向上するとほとんどのサイトが謳っていますが、どれも現代医療側からの意見かな。
完治できない病気で、ホリスティック・ケアで症状改善というサイトも見つけられませんでした・・・。
チョーティもベリーも食いしん坊なので、ご飯は何でもありみたいです(苦笑)
Commented by chotiberry at 2012-09-18 19:49
Tender Jackさん、もともとバイアグラはこの病気のために開発されたそうなのですが、飲ませるならやっぱり犬にあったベストなコンパウンドを与えたいです。
この病気は完治がないので、上手く病気と共存していくしかありません。
少しでもチョーティがcomfortableに過ごせ、ストレスを溜めないで生活できる状況にもっていきたいです。
by chotiberry | 2012-09-17 18:54 | わんこ | Trackback | Comments(4)

保護犬からうちの仔になったジェイク、永遠の家族を探しながら我が家で暮らす保護犬たち、お空のうちの仔 チョーティ&ベリーの思い出話を綴っています。チワワのメイシーも時々登場。


by Choti & Berry
プロフィールを見る
画像一覧